代表挨拶

痛みに寄り添い、笑顔の花を 令和の始まりと共にStella Gateをスタートさせられた事を
とても嬉しく思っております。

令和には、
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせる

という意味があるそうです。
Stella Gateもお客様一人ひとりが希望と安心感をもって、
それぞれの自分らしい花を咲かせてもらえるようにお手伝いがしたいと思っています。

おからだの痛み・不調は人それぞれです。
Stella Gateでは一人一人の不調に寄り添い、
どのようにしたら最大限、癒やすことができるのかを
考えながら施術に当たります。

今日よりも耀く明日に向かって 過去に歯医者さんでの受付の仕事をしていたことがあります。
多くの患者さんたちと接する中で
診療前の不安な顔、診療後の穏やかな顔を見ているうちに

「私自身の手で人の痛みを和らげたい」

そう強く思うようになり、その経験がセラピストになったきっかけでした。

セラピストになって、経験を積めば積むほど、
もっとお客様を癒したいと言う気持ちが益々強くなって行きます。
私はこのもっともっとを追求し続け、
Stella Gateを訪れる皆さまが明るく、前向きに
そして元気な姿で帰っていただけるよう尽力いたします。